ホーム > ISO39001について

ISO39001について

大勝は、平成28年8月26日にISO39001(道路交通安全マネジメントシステム)の認証を取得致しました。
トラックを用いた陸上輸送が必須である広大な北海道では、認証取得第一号です。(独立行政法人自動車事故対策機構調べ)

JQA-RT0056

交通事故に対する姿勢を示すことで、皆様からの信頼を高めます

大勝が取得したISO39001は、交通事故の死者や重大な負傷者を減らすことを目的に道路交通安全のため、さまざまな組織が取り組むべきマネジメントシステムの要求事項を定めています。 取得のためには、社内における道路交通安全のマネジメントシステムの確立・徹底が必要です。

私たちにとって交通事故の発生は、経済的な損失だけでなく、皆様からの信用喪失や取引存続の危機にもつながる重大事項です。未然に交通事故を防ぐために、大勝ではISO39001に基づく「道路交通安全マネジメントシステム」や「道路交通法安全方針」等を遵守の上、業務に取り組んでおります。


道路交通法安全方針

有限会社大勝は、一般貨物運送事業を営む企業として環境問題及び社会問題への取組みはもとより、様々な道路交通安全リスクに伴う撲滅を目指し、安心で安全な「計画・実行・チェック・改善」 をし、車社会への繁栄に寄与するため下記の方針を定め取り組みます。

(1). 輸送業務上、公共道路を使用するにあたり道路交通安全の確保のために関係法令に定められた事項を遵守します。
(2). RTS(道路交通安全マネジメントシステム)に準ずるPDCA 「計画・実行・チェック・改善」 を長期的且つ継続的に活用し、「死亡事故ゼロ・交通事故削減」に関する安全性の向上に努めます。
(3). RTS(道路交通安全マネジメントシステム)の最も重要なのは継続ですので、業務内の流れの一部となるよう創意工夫に努めます。
(4). 道路交通安全リスクの削減・減少にはドライバーの認識が最重要と捉え、プロとしての意識・改革を図るため定期的な情報交換・知識の共有をします。
(5). 国交省による 道路交通法、道路運送法、道路運送車両法、 貨物自動車運送事業法 を中心に社員教育及び訓練の具体的な計画を策定し、これを的確に実施します。
(6). この道路交通安全方針を当社グループの全社員はもとより、広く社会に公開し周知します。

2016年4月1日 有限会社大勝 代表取締役 河島 勝美


道路交通安全マネジメントシステム組織図


ISO39001 PDCAサイクル


安全と環境対策

大勝は、法令・ルールを順守し、安全教育の実施、徹底した社員教育をおこなっております。
環境に配慮したエコドライブ、アイドリングストップなどを実施しております。
  • 安全講習会

    年12回、安全意識、法令順守、運転技能向上のための講習会を行っています。事故削減に役立つ、事故防止のための情報を共有し、常に安全性を追求しています。

  • 適正診断測定システム(ナスバネット)

    大勝では、ナスバネットという運転適性診断測定システムを導入しております。CGシミュレーションを使用し実際の運転に近い状態の模擬運転をはじめ、PC視覚診断や問診テストを行っております。

  • 安全対策

    長時間・長距離の疲れを癒すため最新のマッサージチェアを導入し、熱中症・脱水症状対策のためにいつでも水分を摂取できるように各部屋にウォーターサーバーを設置しております。又、5S活動で綺麗に整理された休憩・仮眠施設を完備しております。

  • 日常点検

    法定点検の実施は勿論のこと、運行業務開始前に各所の日常点検を行うことで、車両の不具合による事故を未然に防ぎます。

  • アイドリングストップ

    環境保全の取り組みとして【ベバストヒーター、蓄冷式クーラー】を全車両に装着し、アイドリングストップを推進しております。

  • アルコールチェック

    飲酒運転根絶のため、運行開始前・終了後にアルコールチェックを実施しております。本州便のドライバーにはタブレットを配布し、遠方にいてもアルコールチェックを実施しております。

輸送エリアは日本全国です

輸送エリアは、北海道を中心とした近距離デリバリーの地場配送を始め、日本全国の長距離輸送を得意としております。関東はもちろん、東海、関西等広いエリアをサポート致します。

※上記以外のエリアにつきましても、お問い合わせ頂ければご対応可能な場合がございます。まずは、お気軽にご相談下さいませ。

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL. 0123-29-5005

TEL. 0123-26-0406